2015年5月の季節の森を歩こう【ハンミョウの会ガイドウォーク】

  • LINEで送る

今日は横浜自然観察の森でガイドウォーク。

ゴールデンウィークということで多くの方にご参加いただきました。

午前は参加者多数の為、ナント2班にわかれてのガイドになりました。

この日は新緑をテーマに若葉の手触りや香り、そこに集まるムシ達を観察しました。

緑の森

今月も森の全景写真。毎月同じ場所で撮影して季節による違いを感じるのもオモシロイ。

何の幼虫だろう?

何の幼虫だろう?

雪の結晶のような冠毛が美しいツルカノコソウ

雪の結晶のような冠毛が美しいツルカノコソウ。アナ雪のみたいだね。

ベニボタルの仲間

ベニボタルの仲間。おそらくクシヒゲベニボタルでしょう。触覚が櫛のようになっているのでオスです。メスは鋸のようなギザギザ。

これで肌着つくったら気持ちよすぎてヘビロテしちゃう!シロダモの若葉。

これで肌着つくったら気持ちよすぎてヘビロテしちゃう!シロダモの若葉。見つけたら、ぜひ触ってその感触を確かめてみてね!

コウゾの花

コウゾの花。トゲトゲでウニみたいなのが雌花。イソギンチャクの触手みたいなのが雄花。

イボタガの幼虫

イボタガの幼虫。見つけたのはイボタノキのでたくさん見つけました。

この日、ワタシが担当させてもらったのはアワフキムシ。

草むらで植物に泡がついているのを見たことありませんか?

あれはお行儀の悪い人がペッペッ!とやったわけではなく、アワフキムシの幼虫の巣。お腹から出した液体とおしっこに空気を混ぜて泡をつくり、その中で暮らしているんですね。

幼虫の姿は…この日は写真がうまく撮れなかったので4月に撮ったものを。

シロオビアワフキの幼虫

連休はのんびりと森のお散歩も楽しいですよ~!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す