夏の虫30+1種【横浜森づくりボランティア】

  • LINEで送る

横浜森づくりボランティアの講習「夏の虫30+1種」に参加してきました。

場所は「春の植物30種」と同じ、にいはる里山公園。

虫のいる景色を眺め、虫達がそこで何を食べ、どのように暮らし、何処に卵を産むのかを想像する。

虫を中心に、他のイキモノとのつながりや森づくりへつなげる考え方を学ぶことができました。

写真が上手く撮れなかったのが悔しいなぁ~。

ヘビトンボの幼虫

ヘビトンボの幼虫など。

トンボの羽を拡大

トンボの羽を携帯顕微鏡で60倍に!

ハチの巣(キボシアシナガバチかな?)

黄色いフタがついているので、おそらくキボシアシナガバチの巣。

クリの木にシロスジカミキリの産卵痕

クリの木にシロスジカミキリが卵を産んだ痕がありました。

コフキゾウムシの愛の営み

コフキゾウムシの愛の営み。

ハギの花

公園の外でハギの花も咲いていました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す