2015年8月の季節の森を歩こう【ハンミョウの会ガイドウォーク】

  • LINEで送る

8月2日の日曜日は横浜自然観察の森でガイドウォークでした。アウトドアリーダー講座と重なってしまい2ヶ月ぶりの参加でしたが、セミ達が賑やかに迎えてくれました(笑)

入り口は緑のアーチ

自然観察の森の入り口は緑のアーチになっていました。

キオビベッコウ

キオビベッコウが葉の上で休憩中。

キボシカミキリ

触覚の立派なキボシカミキリ。

ハキリバチの作品集

ハキリバチの切り口がキレイな葉っぱ。

こちらは誰の作品かな?

こちらの葉っぱは誰の作品かな?

ヘクソカズラの花

名前はアレですが…花はカワイイ、ヘクソカズラ。

アサザ

ヘイケの湿地に咲いていた、フチのギザギザが不思議なアサザの花。

ナガコガネグモがトンボを捕食中

ナガコガネグモがトンボを捕食中。

ナガコガネグモ

葉っぱの上にいるナガコガネグモもいました。これから網をはるのかな?

コカマキリの緑型?

緑型のコカマキリのようです。

トンボの抜け殻

セミの抜け殻?

いいえ、トンボ(ヤゴ)の抜け殻です。

落としてないオトシブミのゆりかご

落としていないオトシブミのゆりかご。ヒメクロオトシブミでしょうか?

マユミの実

マユミの実がふくらんできました。

イヌビワの実

イヌビワの実が色づくのはもう少し先。

サトキマダラヒカゲとクロカナブンとジャノメチョウの仲間

樹液に集まっていたのは、サトキマダラヒカゲとクロカナブンとジャノメチョウの仲間。

この木の樹液は、人の手によってつけられたキズから出ていたようです(涙)

チョウ?ガ?の幼虫とアオバハゴロモ

チョウ?ガ?の幼虫とアオバハゴロモ。

この日はアオバハゴロモを担当させてもらいましたが、上手くまとめることができなかった…。「伝えたいことを伝えること」って難しい!と改めて感じました。

ミズキの実

ミズキの実はキレイに色づいていました。

この季節は虫を素材にしやすいので、バッタやトンボを捕まえて観察というアクティブなガイドウォークとなりました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す