2015年9月の季節の森を歩こう【ハンミョウの会ガイドウォーク】

  • LINEで送る

9月6日の日曜日は横浜自然観察の森でガイドウォークをしてきました。

先月に比べると、だいぶ陽射しが和らぎました。森に入ると木漏れ日が心地好い。

まだまだセミ達も元気に鳴いていますが、聞こえてくる声の主は様変わりして、ツクツクボウシが一番多いでしょうか。

ハラビロカマキリの幼虫がお尻を持ち上げています。

ハラビロカマキリの幼虫がお尻を持ち上げています。威嚇されてる??

白い模様が窓に見える??マドガ

白い模様が窓に見えるかな?マドガです。

センニンソウの蜜を吸うセセリチョウ

センニンソウの蜜を吸うセセリチョウの仲間。

キンミズヒキ

バラ科のキンミズヒキ。赤×白のミズヒキはタデ科。

ササグモがツマグロオオヨコバイを補食中

ササグモがツマグロオオヨコバイを補食中。捕食チューチュー。

Xになって獲物を待っているコガタコガネグモ

Xになって獲物を待っているコガタコガネグモ。

トビナナフシ

植物の茎のようにじっとしているトビナナフシ。

アシグロツユムシは黒い足が、黒い茎に上手に同化してますね。

アシグロツユムシは黒い足が、黒い茎に上手に同化してますね。

この日はバッタ採りのインタープリテーションを担当させもらい、バッタの仲間の身体検査をしました。

参加者が少なかったのが残念でしたが、皆さん興味深くバッタ達の観察をしてもらえたみたいです。

また来月、秋色が深くなった森も楽しみだな。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す