農と緑のふれあい祭りで虫になる!【横浜インタープリター講座】

  • LINEで送る

こども植物園・横浜市児童遊園地で開催された「農と緑のふれあい祭り」に、横浜インタープリター養成講座の受講生でブースを出展してきました!

「ムシできない虫の世界」というタイトルで、身近にいる虫と親しんでもらえるようなプログラムをみんなで考えました。

ワタシが担当したのは触角カチューシャ・口吻マスク・虫の顔だしパネル等虫に変身するモノと、虫の顔をパズルにした昆虫福笑い。

昆虫福笑いは遊びながら虫の顔のつくりを知り、そこから暮らしぶりを考えるという、我ながらナカナカ良くできたゲーム。

スズメバチはどんな顔だったかな?

スズメバチはどんな顔だったかな~?

そうそう!トノサマバッタはこんな顔でした!

そうそう!トノサマバッタはこんな顔でした!ってんなことありませんヽ(`Д´)ノ

講師の方が作ったバッタのピエロ??です。

昆虫福笑い中。皆さん真剣!

昆虫福笑い中。皆さん真剣!

顔だしパネルはただの賑やかしですが(笑)その役割を存分に果たして、多くの方に顔を出して頂けました。

コフキゾウムシになってみた。

受講生の仲間とコフキゾウムシになってみました。

みどりアップのキャラクター・はっぴーも遊びに来ていました。

横浜みどりアップのキャラクター・葉っぴーも遊びに来ていました。チャームポイントは葉脈だよ。

今回は研修の一環でのブース出展でしたが、良いところも悪いところも、本当に沢山のコトに気づかせて貰えました。

次回で研修も最終回。なんだか寂しいなぁ…。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す