2016年2月の季節の森を歩こう【ハンミョウの会ガイドウォーク】

  • LINEで送る

横浜自然観察の森でハンミョウの会のガイドウォークでした。

今日の主役は産卵の始まったヤマアカガエル。

…の予定でしたが、本格的な産卵には少しだけ早かったようです。次に雨が降った後には、ヘイケの湿地一面に卵塊が見られることでしょう。

2016年2月の横浜自然観察の森

2016年2月の横浜自然観察の森。

今日は下見でメジロの巣を発見。先日、市沢谷戸で拾ったメジロの巣を持参していたこともあり、そのパートを担当しました。午前の部では、ちょうどすぐそばにメジロが姿を現してくれるサプライズ。ワタシの日頃の行いのおかげかな(笑)

そうそう、先日市沢・仏向の谷戸で拾った巣の大きな方は、ヒヨドリの巣ではないかな?という野鳥の会レンジャーさんの見解でした~。

ヒナカマキリの卵鞘

また、自然観察の森のブログを見て楽しみにしていた、ヒナカマキリの卵鞘。成虫で2cmほどの体長なので、卵鞘も1cmほどと、当然小さい。すぐ近くにオオカマキリ・ハラビロカマキリの卵鞘もあり、カマキリの卵鞘3種を比べることが出来たのは良かったなぁ。

ニワトコの冬芽も綻びはじめています。

ニワトコの冬芽も綻びはじめています。

節分も過ぎて、生き物たちが目覚め始めています。来月には本格的な春到来!が楽しめそうです。

横浜自然観察の森・ハンミョウの会のガイドウォーク「季節の森を歩こう」は毎月第1日曜日の11時からと13時からの2回開催しています。皆様のご来園お待ちしております!(宣伝)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す