横浜自然観察の森で「森を守るボランティア体験」

  • LINEで送る

朝から横浜自然観察の森で「森を守るボランティア体験」イベントのスタッフをしてきました。

自然観察の森には、野鳥の会のレンジャーさんが常駐しています。

しかし、レンジャーさんだけでは管理しきれないほど森は広い(横浜スタジアム17個分!)。

そこで、「守る・調べる・伝える」といった活動をサポートしているのが友の会のボランティアスタッフです。

今日のイベントは、そのボランティアで活動する仲間になりませんか?といった内容。

参加者には、雨も風も激しい天候のなか、フィールドに出てサトイモ植え体験(守る活動)とガイドウォーク体験(伝える活動)をしてもらいました。これでイヤにならなければいいけど(^_^;)

午後は会の入会案内をして終了。その場で入会して頂けた方もいたので、やった甲斐がありました(笑)

その後は別のイベントの打ち合わせ。

今年、横浜自然観察の森は開園30周年を迎えます。

それにともなっていくつかのイベントがありますが、その1つクイズラリーのスタッフ打ち合わせでした。

クイズラリーは4月29日~5月5日(2日だけお休み)の10時~15時。ぜひ参加してくださいね~!

詳細はコチラから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す