2016年5月の季節の森を歩こう【ハンミョウの会ガイドウォーク】

  • LINEで送る

毎月第1日曜は自然観察の森のガイドウォーク。

ゴールデンウィークと自然観察の森開園30周年イベントが重なって、森は朝から大賑わい。

参加者もトータルで52名と、ワタシが入ってから1番の盛況ぶりでした。

今日のワタシの楽しみはオトシブミ。柔らかい若葉の季節に、その葉を使って卵を守る揺り籠を作ります。

イタヤハマキチョッキリ

下見で出会えたイタヤハマキチョッキリは、イタヤカエデの葉を使って揺り籠を作成中。

よく見るヒメクロオトシブミやエゴツルクビオトシブミなんかの揺り籠はきちっと巻いてありますが…。

イタヤハマキチョッキリの揺り籠の雑な感じといったら(笑)

それでも愛情たっぷりに作っているのだと思いますが。

このイタヤハマキチョッキリさん、ガイドウォークと知ってか知らずか、午前も午後もせっせと揺り籠を作る姿を見せてくれました。

帰り際にイタヤカエデをチェックすると、まだまだ揺り籠を巨大にしていました。

GWだというのに本当に働き者です。(笑)

トガリバアカネトラカミキリ

下見で見つけた綺麗なカミキリムシ。うまく写真が撮れなかったのが悔やまれる(^_^;)

どうやらトガリバアカネトラカミキリというらしい。

ツルカノコソウ

雪の結晶のようなツルカノコソウの冠毛。ネット風見出しで言うと美しすぎるツルカノコソウの冠毛だな。

コバノタツナミ?

タツナミソウの仲間。葉っぱの感じからしてコバノタツナミなのかな~??

シソの仲間です。

観察の森開園30周年イベントは2日を除いて5日まで開催中です。

ワタシも唯一の雨予報( ノД`)の4日にスタッフとして参加するので、遊びに来て下さい~!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す