市沢・仏向の谷戸に親しむ会で自然観察会を開催。

  • LINEで送る

今日は市沢・仏向の谷戸に親しむ会で自然観察会を開催しました。

一般参加者を招いて観察会をするのは、ワタシが会に入って初めてです。入会から2年。やっと観察会開催にこぎつけました(笑)

テーマは生き物のかぞく。かぞくは家族(ファミリー)と生物を分類する意味での科・属のダブルミーニング。生き物のかぞくで似ているところ、違うところをじっくりと観察しました。

前日の大雨で下見とは少し素材を変更。ワタシが担当したのはテントウムシの仲間(ナナホシテントウ・ナミテントウ・トホシテントウ)、オトシブミの仲間(ヒメクロオトシブミ・ウスモンオトシブミ)、バッタの仲間(ヤブキリの幼虫)、赤い虫(ベニカミキリ・アカハネムシ・ベニボタル)。

写真は1週間前の下見で撮ったものです。

トホシテントウ

カラスウリの仲間の葉を食べるトホシテントウ。

ヒメシロコブゾウムシ

ヤツデの葉で休むヒメシロコブゾウムシ。ゾウムシカワイイ!!

ヒメクロオトシブミとイクビチョッキリの揺り籠

先日、コナラの葉っぱにヒメクロオトシブミとイクビチョッキリが一緒にいるのを見ましたが、その葉に両方の揺り籠を発見!!

ウスモンオトシブミ

ウスモンオトシブミはキブシに居るところをちょっと協力してもらいました。

市沢・仏向の谷戸に親しむ会の観察会。毎月開催は難しそうですが、2、3ヶ月に1回は開催していきたいと思うので、お時間あるかたは遊びに来て下さい~!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す