2016年6月の季節の森を歩こう【ハンミョウの会ガイドウォーク】

  • LINEで送る

毎月第1日曜日は横浜自然観察の森でガイドウォーク。

この日は、ワタシが2014年に受講した横浜市環境創造局のインタープリター講座修了生が、ハンミョウの会のスタッフを1日体験。

加えてテレビと情報誌の取材もあり、雨模様の森でも賑わいがありました。(笑)

2016年6月雨の横浜自然観察の森

2016年6月、雨の横浜自然観察の森。

こんな天気でも、午前・午後とも来園者の参加があったのは喜ばしいこと。

そして、この天気だからこそ普段は近づきづらいハチを間近で観察することも出来たので、雨雲に感謝しなくちゃいけないかな。

ワタシはヒメゴマダラオトシブミの揺り籠とイタヤハマキチョッキリの揺り籠のお話をさせてもらいました。

虫のお母さん達の愛情こもった揺り籠から、子供達は何かを感じてくれたかな。

美味しそうだけど毒があります。

ハンミョウの会Sさんお得意の観察素材・オニシバリの実。とっても美味しそうだけど毒がありますのでご注意を!

ヤマアカガエルも上陸を始めたようです。

ヘイケの湿地では、ヤマアカガエルも上陸を始めたようです。

キバラヘリカメムシ!嗅いでみて!

帰りにはマユミの木でキバラヘリカメムシを発見。フルーティーな香りのカメムシなので、見つけたら是非ともその匂いを体感して欲しい!

ホタルブクロさん。

帰宅すると自宅前の土手でホタルブクロを発見。この土手では初めて見ました。

クズにはシロコブゾウムシもいたので、連れ帰って撮影会に協力してもらいました。こちらの写真はまた後日。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す