森のふくわらいとヒガンバナ。

  • LINEで送る

横浜市インタープリター講座のお手伝いで保土ヶ谷区狩場の環境活動支援センターへ。

まずはグループにわかれて、自然素材を拾い集めて顔を作る「森のふくわらい」を楽しみました。

森のふくわらい

へんてこで思わず笑っちゃうような顔も。

その後は、今まで受信者としてインタープリテーションを学んできた受講生が、この日から発信者としてインタープリテーションをしていく、という内容。

様々なインタープリテーションの中から、展示という形でのインタープリテーション・屋外サインの作成をしました。

ワタシ達1期生お手伝いグループも一緒に参加。この季節に面白い花を咲かせるヒガンバナを素材にしました。

ヒガンバナとナミアゲハ

ワタシ達が受講生だった時にもサイン作成をしましたが、情報を盛り込み過ぎて1番伝えたいことがわかりづらくなっていた覚えが(^-^;

今回はとにかくシンプルに。

講座の伝えたいことも上手く表現できて、なかなか良い出来映え(自画自賛)。

受講生にも好評だったようで、お手伝いの甲斐がありました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す