K-05三浦・岩礁のみち・その2【親子で歩く関東ふれあいの道】

  • LINEで送る

親子で歩く関東ふれあいの道・第5回目に行って来ました~!

毎月1回は歩くつもりでしたが、ムスメちゃんの発熱と悪天候には勝てず、前回から2ヶ月も空いてしまいました(;´・ω・)

前回からやっと関東ふれあいの道本コースに入りましたが、三浦半島の険しい岩礁帯に阻まれて残念ながら途中でリタイア。

本日のスタート地点は京急「毘沙門」バス停。

この日はリタイア地点の慈雲寺の前にある京急「毘沙門」バス停からスタートしました。

ダイコン畑の中を歩きます。

ダイコン畑の中を歩きます。9月も終わろうかというのに強い日射し。

歩き始めてすぐに汗ダクです。しかしこの日1番の敵は暑さではなかった…。

関東ふれあいの道にはコース毎に撮影ポイントが設けられていて、その写真を送ることで走破認定証がもらえます。

このコースの撮影ポイントは岩礁帯にある「盗人狩」と呼ばれる断崖絶壁。ここで自分達も入れて撮影するのが今日の課題です。

ムスメちゃん曰く、オバケみたいな雲。

ムスメちゃん曰く、オバケみたいな雲。

白浜毘沙門天の解説板。

最初の目標地点である白浜毘沙門天に到着。三浦七福神の一つです。

ちょっと入るのが躊躇われる白浜毘沙門天。

ちょっと入るのが躊躇われるなぁ(^_^;)

勇気をだして、ムスメちゃんの手を引いて中に入ると…

境内にはあちこちにカニが。アカテガニかな?

境内にはあちこちにカニが。アカテガニかな?

境内の解説板はサビだらけ。

境内の解説板はサビだらけでした。

タデの仲間。

タデの仲間。

アオダイショウの幼体?車にひかれてしまったようです。

アオダイショウの幼体?車にひかれてしまったようです。

このまま潰されていくのは忍びないので、土に帰れるよう道の端に寄せてあげました。

白浜毘沙門天の先から海に出ると、ちょっと気になる潮の流れです。

海を見ながらお昼にします。

とりあえず、海を見ながらお昼にします。が、腹ごしらえはさっさと済ませて、とにかく先を目指します。

オオオナモミかと思いきや。イガオナモミのようです。

でもこんなの見つけちゃうんだよね。

オオオナモミかと思いきや。イガオナモミのようです。

オナモミあったら、やっぱり投げるよね。

オナモミあったら、やっぱり投げるよね。掴むとかなり痛いゾ!

貝殻だらけの浜でビーチコーミング。

さらに、こんなにキレイな貝殻だらけの浜。ついついビーチコーミングしちゃうよね。

毘沙門洞窟弥生時代住居阯群。鬱蒼としすぎて案内板にも近づけない。

毘沙門洞窟弥生時代住居阯群。鬱蒼としすぎて案内板にも近づけない。

ここはちょっと危険ポイント。毘沙門湾の手前あたり。

ここはちょっと危険ポイント。毘沙門湾の手前あたり。渡りきってから振り返って撮影してます。

この辺で、潮がかなりマズイ感じがして、今更ながら潮時表を確認。

今のペースで行くと盗人狩到着が満潮の1時間前。加えて風も強くなってきている。

またしてもリタイアの文字がちらつきます。

一応見るだけ見てみようと、毘沙門湾から岩礁帯に入ると、岩に当たって砕ける波の勢いが明らかに激しい。

磯の先では波をカブる釣り人も数人いましたが、引き返してくる人々も多い。その1人に声をかけると「行けなくはないけどウネリがスゴい」とのこと。

安全第一。本日の道はそこで終了することにしました。2時間43分・4.9km。

今回は準備不足ではなく、明らかなミス。ムスメちゃんと歩く時間は楽しかったけれど、今日は反省点が大きすぎた。

次こそゴールを!

三浦半島で出会える生き物達。

三浦半島で出会える生き物達。

今回歩いたルートは「ヤマレコ」でもアップしています。

詳細なルートが知りたい方は、こちらも覗いてみてくださいね。

これまでムスメちゃんと歩いた距離
34.09km

SNSでもご購読できます。

コメントを残す