2015年4月の季節の森を歩こう【ハンミョウの会ガイドウォーク】

  • LINEで送る

毎月第1日曜日は横浜自然観察の森でガイドウォークのボランティア活動をしています。

今月も先月につづいて雨でしたが、午前・午後とも参加される方がいらっしゃいました。無事にガイドウォークが行えてよかったな~!

4月の横浜自然観察の森はソメイヨシノやオオシマザクラ・ヤマザクラが淡いピンク色で飾っています。この日はサクラをメインに、春を彩る花たちをテーマに自然案内をしました。

この季節は、暖かくなって葉っぱが出てきたかな?程度の地味な植物もありますが、よくよく見ると可愛らしい花が咲いていたりします。

アオキの雄花

アオキの雄花。

アオキの雌花

アオキの雌花。雄花との違い、わかりますか?

コクサギの雄花

コクサギの雄花。

キブシの雌花

キブシの雌花。雌花だけど、ちっちゃいおしべもあります。

ニワトコの花

ニワトコは白くてかわいらしい花がいっぱいついています。ぜひルーペで拡大してみてほしいです!

シャガ

シャガはアヤメのなかまです。

タツナミソウ

タツナミソウはホトケノザやヒメオドリコソウと同じシソ科の植物です。

ウラシマソウ

なんとも不思議な形をしたウラシマソウ。マムシグサに良く似ていますが、こちらは花の穂から付属体がながーくつり糸のように伸びています。つり竿を持った浦島太郎ってことですね。

ハナイカダ

葉の真ん中に花が咲くハナイカダ。花が見られるのは来月でしょうか。

ミズキ

ミズキの花ももう少し。今はつぼみがブロッコリーのようですね。

ムラサキケマン

ワタシが担当したのはムラサキケマン。その名のとおりムラサキ色の小さくてかわいらしい花をつけるケシ科の植物です。ケシ科の植物は有毒なものも多く、ムラサキケマンにも毒があるのでご注意を。

ムラサキケマン

この毒を上手く利用しているのがウスバシロチョウ(ウスバアゲハ)です。幼虫の頃にムラサキケマンを食べて、自らの体に毒の鎧を纏うのです。

ウスバシロチョウはゆっくりと飛ぶそうですが、毒を嫌って天敵が居ないためなのか、それともゆっくりとしか飛べないから毒を持つようになったのか?

そんな生き物達の進化について思いを巡らせるのも楽しい時間です。

横浜自然観察の森では他にも春の花を見ることができます。ぜひ、春をみつけにいってくださいね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す