キャンプ道具紹介【食器編】

  • LINEで送る

はぁ~キャンプ行きたい!

2014年の9月が最後なので…半年以上行ってません(T_T)

そろそろ暖かくなってきたので、いつでも行けるように道具のチェックをかねて、我が家のキャンプ道具をご紹介します。

最初は食器類。

我が家のキャンプ用食器セット

我が家の食器はこの中に納められています。

左の青い袋はDUG(ダグ)の焚き火缶3セット。右はColeman(コールマン)メラミンテーブルウェアセット。

まずはコールマンから。

コールマン(Coleman) メラミンテーブルウェアセット

こいつを開けると…。

コールマンの中身は食器以外も入ってます

こんなに入ってます。

もともとセットに含まれているのは右側の皿・ボウル皿・カップ。各4個入り。

加えてシェラカップ×3・シリコンざる×2・まな板・銀色のトレイ。

ここに焚き火缶のSサイズも一緒に入れてあります。

ダグ(DUG)焚き火缶3セット Sサイズの中身はスパイス

焚き火缶Sの中には調味料が入ってます。

全部入れてもまだまだスペースに余裕があるので、増え続けるキャンプ道具のコンパクト化の為にもうちょっと詰め込もうと思っています。

こちらのColeman(コールマン)メラミンテーブルウェアセットはすでに販売終了しているようで、現在は別の食器セットが販売されていますね。

新しいもののほうがよりコンパクトになっているようです。

さてさて、焚き火缶のほうを見てみましょう。

焚き火缶は1つにまとめずにあえて分けてあります

左がSサイズ(これはコールマンのケースに入れてあります。)、右がLサイズ。

Lは直火にかけてるのでいい味が出てきてます(^_^)こいつでお米も炊けちゃうんですよ!

焚き火缶はそれぞれのサイズにふたがついていて、フライパンがわりにも使えます。

ちょっとサイズが小さめで焦げ付いたりもするんですが、ウチではフライパンはコレだけ。

焚き火缶で料理してるとキャンプしてる感がビンビンしてたまらんのですよね~。

Lの中には当然Mサイズ

で、Lサイズの中にはMサイズが入っています。Mはまだまだ味だしが必要ですね笑

Mの中にはSではなく…

Mサイズの中にはこんなに入ってます

こんなモノ達が入ってました~!

左より3つがEPI(イーピーアイ)アルミ3点食器セット。右より6つがEPI(イーピーアイ)アルミ6点食器セット。

この2つのアルミ食器セットで小皿×4と持ち手付のお椀×5と結構な数になります。これらもモチロン直火OKです。

コールマンと焚き火缶をあわせると…鍋×3(S・M・L)・フライパン×3(S・M・L)・皿×4・ボウル皿×4・持ち手付のお椀×5・小皿×4・シェラカップ×3・カップ×4。かなりの数ですね~。

我が家は3人(と1匹)でキャンプに行くことが多いので、これだけある食器を全部使うことはほとんどありません。

でもでも、グループキャンプ・友人達とのBBQではこのたくさんの食器が大活躍します!

せっかくの外ごはんですから、紙皿・紙コップでは雰囲気がね…。

おしゃれな奥さんにはコールマン・アウトドアに興味ありそうな旦那にはアルミ食器を使ってもらえば、外ごはんをもっとおいしく感じてもらえるかな~と思います!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す